末吉庭園管理
植木剪定の料金

福岡の植木屋として相場の費用より安い剪定料金で信頼される庭木剪定、植栽管理を目指しています

半日8,000円、1日13,000円の良心価格(剪定枝処分代別)

空き状況をご確認の上、お問い合わせください

   空き状況

お問い合わせフォーム

格安の料金

後片付けまで含めて1日で終わる本数であれば何本お手入れしても1日料金13,000円でお受けしており大変お得(格安)です。松の剪定があっても同じです

ブログ(植木屋と農園の記録)は広告なしです。どうぞご一読を→末庭

【 お見積について 】

お見積は無料です

お見積をお送りした後に当店からメールや電話での営業はしていませんのでご安心ください。

庭木の剪定料金など、ホームページをご覧いただいても料金設定などご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問について

ご要望にお応えできるように最善を尽くします

ぜひ一度お試しください

料金

基本、半日8,000円、1日13,000円

1本(3m未満。松除く)の庭木2,000円からお受けします。この場合、日時の調整をお願いする可能性があります

作業時刻はお見積時に確定します

処分費用

剪定で生じた枝葉などの剪定ゴミの処分費用は2,000円~

樹木の種類や本数、茂り方によって生じる量が異なりますので、お見積もり時に確定します

数日作業

庭木の本数や種類(松・5m以上の高木など)、お庭の広さにより数日作業になることもあります

年間契約

継続ご利用の場合は優先的に作業させていただきます

年1回はもちろん、芝・草刈は年2~4回、植栽の管理は年2回や3回などご要望に応じます

高所作業車など

別途費用ががかります

造園会社様のように機械を所有しておりません

機械など

刈払機、ヘッジトリマー、チェーンソー、動力噴霧器を使用する必要がある場合、1,000円毎加算させていただきます

詳細は各ページでもご確認できます

福岡の相場より安い剪定料金

作業時間について

●時間内で終えることができる植木屋の作業であれば基本の料金を越えることはありません。相場より剪定料金が安いだけで仕上がりは今一つと思われるような仕上がりにならないように努めます。

●見積後に追加のご依頼がある場合、予定時間内に作業できれば追加料金は発生しません。ただし作業が追加される場合は、剪定した枝葉の処分費用が増えてしまいます。そのため見積後の剪定の追加依頼が生じる場合は増加した分の剪定ゴミ処理費用が加算されます。

●無駄に時間をかけて作業することはありませんが安全に作業を行えるように計画を立てさせていただいています。

作業人数について

●通常独りで作業していますので、庭木の本数やお庭の広さによって数日作業になる場合もございます。

●1日で終わらせる必要がある場合は仲間の職人に手伝いを依頼することもございます。

●当店で行えることはお受けしていますのでお気軽にお尋ねください。

作業内容について

植栽や小さな作庭もお受けしています。お気軽にお問い合わせください。

【 ご利用の流れ 】

1.お問い合わせ

お問合せフォームかお電話にてご連絡ください。

2.当店からのお返事

メールかお電話でお返事させていただきます。

3.植栽の確認

作業現場に赴いて庭木などを拝見します。

4.お見積書のご提示

お見積書をお渡しします。基本メールでお送りしますがメール使用不可の場合は紙面で作成しお渡しします。

5.正式なご依頼

お見積書の内容をご確認いただきご納得いただけるようでしたら正式なご依頼をいただきます。正式なご依頼をいただけない場合、その後に当店から営業のご連絡を差し上げることはありませんのでご安心ください。

6.作業日などの選定

作業日や作業開始時間を打ち合わせます。悪天候時などの対応などについても打ち合わせます。

7.作業着手

8.作業完了

9.完了確認

遠方にお住まいの方やオーナー様・管理者様にはメールなどで完了写真をお送りできます。

10.料金のお支払い

料金のお支払いは作業完了後に現金か銀行振込にてお願いします。銀行振り込みの場合に領収書がご入用であれば郵送させていただきます。遠方にお住まいで直接お会いできない方のご利用の場合は少なくても料金の半額を前払いでお願いします。

料金についての当店の思い

●1人でほそぼそと仕事をしています。規模を大きくすることは考えていません。

●費用を抑えるために雑な剪定をしたり手を抜いたりはしません。

基本料金での剪定例とその料金

(例1 半日料金)5mほどの赤松のみどり摘みと剪定

(例2 半日料金)カイヅカイブキの生垣剪定(低木)

(例3 1日料金)マキの木4本(高木)剪定 5mを越える高木でしたので1人で片付け迄行うと1.5日かかりましたがお世話になっている方の剪定なので1日料金で済ませています。1日で終わると思いましたが少々見積が甘かったですね

(例4 半日料金)様々な樹木の10m程の生垣の剪定、その他低木のニオイバンマツリの剪定、ナンテンの剪定

(例5 1日料金)シマトネリコの剪定(高木)マキの剪定(中木)ウメの木2本(中木)・レモンの木1本(中木)の剪定、サザンカ1本(低木)・サツキ10㎡(低木)です

剪定料金の目安について

●一般的に剪定業者の剪定料金の決め方には、日当制と単価制があります。職人1人の料金による日当制、そして剪定する樹木の本数で料金による単価制の2つの方法があります。

●日当制は職人1人の日当によって費用が決まります。福岡では職人さんは1日で安くても1万5千円~2万円の相場が多いですね。都市部では3万円の職人さんもいます。知識や技術などの経験が違うのでしょうね。日当制のほかに時給で決まる剪定料金もあります。シルバーさんなどは2時間単位など地域によって時間や料金が異なるところもあります。

●1本や数本を剪定する場合、数時間で終わることもあります。この場合は日当制だと割高になってしまいます。

●そこで末吉庭園管理では基本的に日当制(半日制もあります)ですが本数が少ない場合は単価制にすることで、お客様にとってお安い費用になるようにお見積しています。

●福岡では何でも屋さんよりは若干費用が高い場合もあるかもしれませんが植木屋職人として丁寧かつ迅速に作業を進めます。相見積もりの結果、末吉庭園管理よりお安い業者様を選んでいただいても構いません。

【 剪定枝(剪定ゴミ)の処分費用 】

●剪定したときに生じる切った後の枝などの処分にかかる費用は現場や時期によって違ってきます。当店では最低2,000円をいただいています。

【 当店の処分費用の決め方 】

1.生じる剪定枝の量によって費用が変わります。量が増えれば比例して処分費用も増えます。逆に、お客様がご自分で処分なさる場合など費用がかからない方法もあります。

2.年間管理などで複数回作業をさせていただく場合などは季節によって木の葉の茂り方が異なります。同じ木を切るにしても季節によって剪定量が異なります。当店では季節の剪定量に処分費用も対応させています。

3.木の根っ子と雑草は、枝葉と処分施設が異なる場合が多いです。根や雑草がある場合なはど処分費用に影響することもあります。

【 処分費用にかかる内訳 】

1.剪定枝(剪定ゴミ)をリサイクル施設などで処分するための費用

2.施設に処分へ行くための人件費

3.施設に処分へ行くための車両費

これらの合計が処分費用になります。

【 当店の処分費用に対する考え 】

1.上記の処分費用にかかる内訳を検討し植木の剪定枝の処分費用を決めています。

2.軽トラックの荷台に積むことができる重さは350㎏迄です。この重量全てを剪定枝と考えた場合、福岡市で処分するとしたら4,900円になります。処分費用が業者によって異なるのはこの純粋な施設での処分費用のほかに加算される費用に依りますね。捨てに行く時間やガソリン代など経費がかかりますので仕方ないですね。

3.それで「処分費用はいただきません」という業者様は剪定代に処分費用が含めていることになります。当店はお見積の時に剪定の基本料金と共に処分費用をご提示します。

【 植木屋と料金への私の思い 】

福岡で2020年49歳の時に個人でも植木の剪定を始めました。訓練していただいた造園土木会社様には在籍させていただきながら庭木の剪定やアパートなどの植栽管理などを始め清掃など何でも屋的な形態で植木屋さんをさせていただいています。いつの間にか植木屋に関係する資格なども増えました。個人の植木屋では必須ではないものもありますが、福岡県農薬指導士、2級造園技能士、車両系建設機械(整地等,解体用)高所作業車、小型移動式クレーン、、玉掛、フルハーネス、振動工具取扱、刈払機、チェーンソー(大径木等,補講)などです。これからも植木屋に役立つことに取り組んでいきたいと思います。

植物

最近の建築スタイルのため新築の家には庭や植栽が少なくなっています。忙しくて世話する時間が取れないなどの理由で植栽を設けない場合も少なくありません。それでも緑が好きな人は多いです。そのように思う理由が幾つかあります。まず、多くの人は盆栽やミニ盆栽、多肉植物、観葉植物など家の中で緑を育て自然を感じています。また、世話することができない人は公園や山に行って緑を楽しんでいます。

公園

普段、何気なく見ている庭は様々な役割を果たしてくれます。公園の花壇のように色とりどりの花々のガーデニングで元気を与えてくれます。家庭菜園が好きな人は小さくても自分の庭に菜園を設けることができます。意外と限られたスペースでも夏野菜などは予想以上の収穫をもたらしてくれます。(当店も家庭菜園を楽しんでいて収穫を含めお世話の過程をブログにアップしています)またお子さんのいる家庭では庭は公園の遊戯スペースになり得ます。庭木に来る小鳥たちを見たり、夏の猛暑でも木陰の爽やかさを楽しむこともできます。庭は利用する方の好みや目的によって色々な環境を与えてくれますね。

お手伝い

大切な植栽をお手入れすることや庭や敷地に新しい植物を植えようと思う方から料金をいただいて、お手伝いをさせていただくことには大きな責任があると感じています。それと共にお手入れをまかせていただけるのは貴重な機会と思います。当店の年に1回や2回のお手入れが植栽の美しさを保つお役に立てれば嬉しいです。植木屋としての喜びだと感じています。

インターネット上の、他の造園会社様や仲介会社様のホームページは美しく読みやすいなと思います。この末吉庭園管理のホームページも少しでも近づけたらと思っています。末吉庭園管理のホームページは2020年にドメインのsueyoshitk.comを取得し2021年の春の緊急事態宣言中の約1か月間に個人で作成しました。セキュリティのhttpをhttpsにすることやCSSなど始めての事ばかりでしたので読みやすいホームページを作ることは難しかったです。当店の料金とサービスにご納得いただけるように精一杯頑張ろうと思います。つたないホームページですが、とりあえずは当店のお得意様があと少し増えるまでこのホームページを運営したいと思います。

当店は植木屋です

庭木の剪定を何処にお願いすれば良いのだろうかと疑問に思う方もいらっしゃいます。知り合いの植木屋さんや造園屋さんがいれば安心ですが何処かに始めて作業してもらう時は不安に感じるものです。

庭木の剪定は誰が行っているでしょうか?造園業者、植木屋、庭師、何でも屋、シルバー人材センターなど様々ですね。皆さん庭に関することを扱っていますね。呼び方で行える作業が決まっているわけではなく、どの業者もエクステリアを始め庭に関する仕事を幅広く行っている場合が少なくありません。

業者の呼び方には皆さんどんなイメージをお持ちでしょうか?一般的には、「造園業者」は造園全般を扱い公共事業も行う会社で種々の車両などを所有しているイメージ、「植木屋」は樹木の生産から販売、剪定や管理などを行うが最近では剪定と管理のみを行うイメージ、「庭師」はいわゆる日本庭園の石や苔を扱うイメージ、「何でも屋」は庭木の剪定から伐採など起用に行うイメージ、「シルバー」は剪定を行うイメージ、が強いでしょうか。イメージは人それぞれありますが庭木を扱う業者は庭木だけでなく庭全般の事を扱っている事が少なくありません。

業者の呼び方で業務内容が決まるわけではありませんので気になった業者にご自分が行いたい作業を依頼できるかどうかお尋ねしてみると良いでしょうね。自分の会社でお受けしていない作業内容でも他の業者を紹介してもらうことも可能です。

【 植木屋の料金の決め方 】

もちろん植木屋や庭師などの呼び方で料金が変わることはありません。庭師だから費用が高いと決まっている訳ではありません。あくまでもその庭師や植木屋の料金設定があります。当店は植木屋ですが庭木の剪定だけでなく草刈、植栽や伐採、簡単な外溝なども行っています。料金設定はどれも植木屋のものと同じです。但し、お受けできな業務もありますのでご不明な点は一度お気軽にお尋ねいただけると嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

   
住所 福岡県福岡市西区今宿
電話番号 070-4075-5556
プロフィール ブログでもご紹介中
営業時間 8:00~17:00
電話からのお問い合わせ 営業時間内にお願いします
メールやHPからのお問い合わせ   24時間いつでも大丈夫です

当店の住所などはお電話いただい時やお見積書をお送りする時にお知らせさせていただいています。個人情報をお問合せフォームに書きにくい方はお電話でお問合せください

ホームへ戻る

エリア:福岡市,糸島市,大野城市,春日市,那珂川市,唐津市,その他の日帰りエリア

(福岡市:福岡市西区、福岡市早良区、福岡市城南区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市東区 )