簡単べったら付けを大根を収穫して作りました

ダイコン
目次

大根の収穫が続いています

毎年、大根は収穫しても食べるほうが追いつきません。早いうちにお友達に配ったりしていますが、それでも残ります。それで少しでも消費を早めようと末庭は毎年、簡単なべったら漬けを作って食べています。とっても美味しいですよ~。最近は、べったら漬けとは別に切干大根にしてダイコンを消費しています。

今年は成長が早いです
今年は成長が早いですね

大根は今年も順調に成長しています。40cmを越えるくらいですね。

根の先まで大きくなっています
根の先まで大きくなっています

写真でも分かりますが、根の先端が地中深くまで伸びています。先っちょは太くならずちょこっと存在します。大根の種類にも依りますが、総太りの品種のダイコンだとこのように先の方まで太くなります。

簡単べったら漬けの作り方

何年か前から収穫と共にべったら漬けを作っています。作り方はネットで見つけた簡易式です。米麴などは使用しません。

使うのは、大根500gに対して、酢25㏄、塩10g、砂糖60gです。

作り方は簡単です。

ちょうど1本で2.2㎏のダイコンがありました。皮をピーラーでむくので2㎏位になるでしょうね。

4等分
4等分

皮をピーラーでむきます。

4分割
4分割

各部位を4つの袋に入れ分けます。

ジップロックに入れます
ジップロックに入れます

以上です。簡単で10分程度で終わります。

切ったものを漬け込んで2日ほどして水分が出れば食べられます。試食して味が薄ければもう少しの時間漬けます。賞味期限は3日程度と言われています。

べったら漬けを漬ける袋はジップロックのLサイズなど大きなものが便利です。漬けた後に全体に沁み込ませるために上下など入れ替えますので袋は大きな方が作業がしやすいです。

べったら漬けの完成
完成?!

漬け方が浅かったですが早速いただきました!美味しかったですよ!

テントウムシもいました
この日は暖かかったのでテントウムシがいました!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次