植木屋と農園の記録

末庭こと末吉庭園管理は基本、半日8,000円、一日13000円でお庭のお手入れをお受けしています。関心がおありの方は下記の料金ページをタップなさってください。あるいはインターネットで、末吉庭園管理やsueyoshitk.comで検索とできます。ご質問等はホームページの「お問い合わせフォーム」からお知らせください。

ステップアップローズ

ミニバラ(ステップアップローズ)を購入し、寄せ植えしました

sueniwa
sueniwa
2022年5月12日

ステップアップローズが値下されていました

値下品
値下されてました

近くのホームセンターから帰ろうとしていると値下品が並んでいました。見てみるとステップアアップローズの小輪と中輪が売れ残っていました。もともと安いのに半額以下の一つ税込128円と安かったので小輪を2つ買ってしまいまいした。今年はバラにはまったので、つい・・・購入。

ステップアップローズとは

ステップアップローズとはホームセンターのコメリが使用している商品名です。確かに、寄せ植えは家をステップアップさせて楽しませてくれますね。バラを世話したことがない末庭にとっては植物のお世話もステップアップですね。

末庭のようなバラ初心者でも、お手頃価格で購入できるミニバラで寄せ植えを楽しめるので良いネーミングですね。末庭は来年もステップアップローズを購入してみようと思います。

ステップアップローズのパリとニューヨーク

まだ咲いてくれそうです
今年もまだまだ咲きそうです

ステップアップローズの赤色には「パリ」、ピンク色には「ニューヨーク」という名前が付けられていました。他にもありますね。「お好みの寄せ植えを!」と書かれていたのですが今回購入した2つだけで一鉢に寄せ植えしました。鉢は末庭の家で使っていなかったものなのでバラには似合わないですね。次回の植え替えの時におしゃれにしようと思います。

ステップアップローズの開花期は

説明文によると春から秋まで咲くようです!2つの鉢にも蕾が付いているので秋まで楽しめそうですね。四季咲きのバラは次から次に美しい花を見せてくれるので嬉しいですね。

追肥は

説明文によると開花期と冬の剪定後に緩効性肥料を適量与えれば良いようです。庭の四季咲きバラとおなじですが美しい花を咲かせ続けてくれるので定期的に液体肥料か固形肥料を与えて、冬は固形の緩効性肥料を与えると安心ですね。

水遣りは

土の表面が乾いたらたっぷりと水遣りをすればよいようです。これは鉢植えの植物の一般的な扱いですね。

病害虫は

害虫

アブラムシ、ハダニ、チュウレンジハバチ(透明感や光沢がありプリッとしてます)・ヨトウムシの幼虫など

害虫対策

薬剤を使用することに抵抗が無ければ住友化学園芸のオルトラン DX粒剤を鉢にばら撒いておけば効果的ですね。これはアブラムシだけでなくチュウレンジハバチのイモムシにも効果的なので助かりますね。使用するのは発生初期で年4回以内の使用となっています。使用上の注意に留意して安全に配慮しないといけないですね。粒剤を使用しない場合など、害虫を見つけた時は摘み取るか、マラソン剤などを散布して早急に駆除する必要がありますね。

また住友化学園芸からベニカXファインスプレーなどバラに効果的な薬剤が販売されています。ホームセンターなどでも手軽に購入できますので1本あると安心ですね。これがまた優れものです。害虫だけでなく病気にも対応しています。病気はうどんこ病、黒星病、白さび病です。

病気

有名なのは、うどんこ病、黒星病、白さび病ですね。

病気対策

冬期に石灰硫黄合材を枝や芽に散布して入っている病菌をやっつけます。病気になった葉は早めに摘み取り枯葉も綺麗に片づけて菌などの広がりを抑えます。一度病気になると計画的な消毒が必要になってきます。普段から水遣り、栄養管理、日照時間、剪定などにちゅういして健康的なお世話で病気予防していきたいですね。

鉢植えの置き場所は

雨が直接当たらない、日当たりの良い場所が良いようです。夏は風通しの良い場所に置き、冬は凍結しないように置き場所を注意します。

ステップアップローズの剪定は

春・夏の剪定は

込み合っている枝葉を剪定します。込み合った状態が続くと虫が来やすくなったり菌やウイルス性の病気にかかりやすくなるので時々チェックして風通しが良いくらい透かしていくと良いですね。花後の花がらは早めに摘んであげます。

普通バラは元気な5枚葉の所までは切り戻しています。ミニバラも同じように剪定します。5枚葉の付け根からは新しい芽が出てくれますね。

冬の剪定は

出来るだけ地際まで切り戻します。ただ必ず芽の上で切るようにし来年の新芽を残します。

鉢植えが和風ですね
鉢が和風のものしかありませんでした

購入した時はバラに合う鉢が無かったので和風の鉢に植えました。

ミニバラの植え替え

鉢のミニバラの植え替えの時期は

植え替えは冬の時期ですね。1月には終えたいですね。末庭も2022年1月の休暇で安い鉢を買ってきました。

新しい鉢
安かったです

ミニバラを植え替える際の注意点は

先日教えていただいたのですが、株を取り出した時に大きな根を傷つけてはいけません。細い根は少しなら取れても大丈夫です。それで丁寧に扱いました。

根に注意
根を傷つけないように注意です

ステップアップローズを鉢に入れました

バラの土をいただいたので、鉢底の石を石2段分くらい入れて赤玉土を隙間に入れてから、その上にバラの土を入れました。

鉢底の石
鉢底の石
赤玉土
鉢底の石の隙間にいれました
バラの土
いただいたバラの土
植え替え後
植え替え後

植え替えた後に込み合った枝を剪定したり高い枝を切り詰めたりしました。様子を見てもう少し切り戻して枝数を増やしていけば花数も増えますね。

剪定後
剪定後

最後に水をたっぷりやって新しい鉢への植え替えを行って終了です。

暖冬のためか葉っぱが残っていますね。自然に任せてそのままにしておこうと思います!

sueniwa
バラ